スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画ホリえもん ひえ太の恐竜

結局ニッポン放送とフジサンケイグループが堀江氏を嫌っている理由が不透明なままソフトバンクが登場、ニッポン放送の持つフジテレビの株を借りてフジテレビの筆頭株主になった。
そもそもライブドアを嫌う理由が「企業価値の低下」という直接判断しかねるものであったため、ニッポン放送は高裁でも株式発行差し止めを受けたというのに。
とゆーか、ニッポン放送が堀江氏の支配下に収まった場合にパーソナリティーを下りるという司会者が多数(タモリ・中島みゆき等)。
その理由は「これまでのニッポン放送じゃなくなる」
・・・結局それか(゚c_,゚`)
つまりお金の問題でなければシナジーの問題でもなくて、人間の問題だと言っちゃったわけですね
しかしいくら堀江氏が介入したところで、今までどおりの楽しい放送をしてくれれば視聴者は満足なんです
どんなに邪悪で苛烈な独裁でも、日々の安寧が続くのなら人々は支配者が誰だろうといいのだ」 by「されど罪人は竜と踊るⅡ」(角川スニーカー文庫)

ホリえもんが嫌いならそういえば良いのに
ただ、正直なところ私はこのニュースにさほど興味は無いため結構如何でも良かったり(ぇ
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://chaos48wired.blog6.fc2.com/tb.php/6-5fac6e7e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。