スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜまき絵の魔法バレが遅れるのか

単に体育祭待ちとか言ったら終わりですが

ネギプリで2連覇しているにもかかわらず最近は影を潜めた(ぇ)まき絵には何故魔法バレが無いのか。
他のバレていないキャラと合わせてその理由を考えてみます。

現在魔法がばれてない、あるいは「魔法生徒だがネギと魔法の接触がない」のは、
明石裕奈、和泉亜子、大河内アキラ、柿崎美砂、釘宮円、佐々木まき絵、椎名桜子、那波千鶴、鳴滝風香、鳴滝史伽、村上夏美、雪広あやか、四葉五月、Zazie Rainydayの14人です。

で、これを声のクラスメートシリーズの分け方に則ってまとめると、

まほらチアリーディング
 ├椎名桜子
 ├柿崎美砂
 └釘宮円

運動部仲良し4人組
 ├明石裕奈
 ├和泉亜子
 ├大河内アキラ
 └佐々木まき絵

科学と肉まん
 ├超鈴音
 ├葉加瀬聡美
 └四葉五月

雪広あやか

いたずら3人組
 ├春日美空
 ├鳴滝風香
 └鳴滝史伽

文化部4人組
 ├朝倉和美
 ├那波千鶴
 ├村上夏美
 └Zazie Rainyday


紫色はいまだ魔法がバレていない人物。
水色は本編で魔法バレは描かれていないものの、ほぼ魔法関係者と推定できる人物。
(灰色はすでに魔法がバレている人物)

まあ見事にチアと運動部にばれてません。
後は文化部といいんちょ、そして双子。

何故彼女たちに魔法バレがないのか。 とりあえず近々魔法関係がばれそうな(?)五月とザジはこの際忘れます(ぇ
以下理由と考察。

(1)メインの活躍の舞台が部活動
そもそも「魔法」の世界(=非日常)とは反対の位置に活躍の場があるのです。 運よく(コラ)メインのストーリーが描かれたとしても「部活動」などの「日常的な」出来事の中で完結してしまう可能性が高いです。
では古菲の場合はどうだったかというと、彼女は中武研という部活に属してはいますが「気」の使い手でもあります。 そのため「魔法世界」につき物の「バトル」にかかわるチャンスが最初から存在していました。 そこではほぼ魔法とかかわらざるを得ません。
図書館探検組も「部活」属性ではありますが、ネギま!世界の根幹をなす「図書館島」の説明役・進行役として早々に登場させておく必要があったと考えます。 つまり図書館島の謎解きの際に読者と同じスタンスで謎が解明されるのを見届ける役です。
ちょっと特殊なのは亜子。 彼女には「背中の傷」というA級(?)フラグがあるわけですが、前回の亜子編では見事にスルーされました。 単にここで魔法バレしてしまったらもう出番がないとか・・ゲフンゲフン

要素として「魔法バレが起こった後でも魔法関係者としてストーリーに関われるスキルが各キャラにあるか」がひとつの目安かもしれません。(あるいはそのスキルを得られるまでにキャラが物語の中で育成されているか)
ということから見ると、
(2)天真爛漫系元気キャラは残る
桜子とかまき絵とか風香とか。
魔法の世界がそれなりにシリアスな場面を多く含んでいるために、その世界になじみにくい元気いっぱいキャラに対する魔法バレが遅れる、と。
単に「元気」なキャラはパルとか古菲とか美空とかいますけど、パルと古菲は前述の理由から、美空はそもそも魔法関係者だったので除きます(何か美空の理由が結果論ぽいけどよいこはスルーだ。 とりあえずシスターとして伏線は張られていたわけだし)
なじみにくい、とは書きましたが、シリアスな世界とのギャップに耐えられるだけのオプション属性(=キャラとしての深み)が出てくれば魔法バレの機運は高まります。 しかし、そこに至るには他のキャラ以上にストーリーに絡んでこなければ無理。

(3)そんなに鋭くない
おつむが。(ぇ
逆に鋭い感覚から魔法バレを見抜いたのが千雨。 他にはちょっと反則気味だが夕映。
亜子がネギナギの頬の絆創膏から魔法バレへ至らなかったのはこの理由が大きい。 「ちょっとだけおかしいと感じた」程度は次への布石となるだけで、その回での魔法バレは無いと言っていい。
朝倉に早々と魔法ばれさせた理由は(1)修学旅行編で石化したときに冷静に夕映を逃がすため、(2)ネギとその仲間⇔その他をつなぐために早いうちに魔法バレさせた、など。

(4)グループのつながりが大きくて、魔法バレを連鎖的に起こす必要がある。
これはイマイチ(じゃあ書くな
のどか→夕映とか。 以上(ぇ
口が堅いキャラから始まれば問題ないか・・

ここからはピンポイントでの推測

>いいんちょ
・もし魔法バレしたと仮定すると、いいんちょの性格からしてずーっとネギのそばに居たがるのでストーリーからいいんちょをはずすことができなくなる。
・元気キャラとしてのギャップ問題も存在している。
・雪広財閥フラグ・弟フラグがとりあえず存在しており、それに至るまでは魔法バレは無い。
などが考えられます。

>ちづ姉・夏美
・ヘルマン卿フラグが存在していて「魔法バトル」待ち。
・実は演劇部でばれる
・・・ちづ姉ってプラネタリウムが終わったら次は何なんだろう

この後さんぽ大会(?)とサーカスが残ってるのでそこで何かしらあります。
残ったキャラの魔法バレシークエンスとして「魔法バレなしのメインストーリー一回→魔法バレストーリー」というのも考えられます。

突っ込みどころ満載ですので、そんなんじゃねぇぞばかやろうという方はコメントください


←もりっと
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://chaos48wired.blog6.fc2.com/tb.php/93-9b1393e2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。